オンラインゲーム情報Blog~ネトゲ戦記~ | オンラインゲーム情報、ネトゲ考察、ゲーム、アニメ、アプリ開発、漫画、小説など雑多ブログです。

スペルボーンカテゴリの記事一覧

スペルボーン - クローズドベータテストその2~おおまかなクエスト情報 / 2009.10.18 Sun


 スペルボーンのクローズドベータテスト現在の、主なクエスト出現位置と進行可能マップをまとめました。

○:クエスト発生&進行NPC配置
×:進行不可能マップ

Shot2009-10-18-15-46-23.jpg
Shot2009-10-18-15-46-15.jpg
Shot2009-10-18-15-46-30.jpg

というわけで現状は、初期のホークスシティから行けるマップ「アルデンヴォルト」(画像3番目)以降は
進めない模様。

また、装備は、ホークスシティの鍛冶工場で初期装備色々が売ってる他はない模様。
その他ではアルデンヴォルトにいる敵がレベル7の装備を落とす。

現状ではこれ以上進めないようなので調査自体はここで終える。

また、レベル5で転職が可能だが、今回はウォリアーの転職の1つ「アデプト」に転職した。
詳細は以下動画で。


[高画質で再生]

スペルボーン - ウォリアー転職(アデプト)編 [ソーシャルネットワーク]

スペルボーン - クローズドベータテストその1 / 2009.10.17 Sat


 ついに今日同時接続テストからクローズドベータテストを開始したスペルボーンですが、
ひとまず15:00~18:00までプレイしてきました!

 ひとまず、同時接続テストということで、その結果から言いますと、
プレイ中に5回程、サーバーから切断されました。
しかし、接続自体は落ちた後にすぐできたのでそれほど問題ではなかったです。
あくまでプレイしている側としてですが。

 そして注目のゲームシステムですが、動画をちょっと撮ってきたのでこいつを見てくれ!!



[高画質で再生]

スペルボーン - クローズドベータテストその1 [拍手]



 クライアントそのままのサイズで動画撮ってたせいで画質が汚いのは気にするな!

とりあえず、3時間プレイしての感想だが、、
ROW以来の操作感があった。
基本的に私はGunzOnlineのような操作性のMMO,MOがあれば良いのにと
常日頃から思っていたアクションRPG大好きっ子なので。
この操作感は好感触です。

 操作方法ですが、やってみての個人的オススメが

【追記10/18】
操作について新たに発覚。
Rキーを押すと
マウスカーソルモードからマウス追随モードに変更されるので
マウスを動かすだけでカメラがついてきます。
なので戦闘では

[左手]
WASDキーによる移動

[右手]
マウス移動:カメラワーク調整
マウスホイール:スキルバレルの列移動
マウス左クリック:スキル発動
【end追記】

こんな感じで操作するのが楽しいと思います。

また20時からテストが始まるので、楽しんで調査していきたいと思います!!
じゃあの!

スペルボーン 【ネトゲ情報】【新作】 / 2009.09.26 Sat


スペルボーンは,オランダのデベロッパSpellborn Internationalによって作られたファンタジーMMORPGで,日本ではエキサイトによって運営される。日本では,クローズドβテスターの募集が始まったばかりで,現在も募集中だ。(2009年9月28日まで)。
 このスペルボーンだが、従来のMMORPGとは一味違うようだ。


スペルボーンの特徴
003_20090926230514.jpg


TPS風ノンターゲティングバトルシステム
プレイヤーの操作技術が試されるテクニカルバトル


 欧米産のMMORPGであるスペルボーンは,日本で広くプレイされているアジア産MMORPGとは違った特徴を備えている。まず,「マウスクリックで移動&攻撃」ではないという部分が,日本市場においては個性の一つとして挙げられるだろう。プレイヤーキャラクターはキーボードのW/A/S/Dキーとマウスの両方を使って操作するという,欧米産のゲームでよく見られる操作体系を持つ。

 スペルボーンの戦闘は、
ノンターゲッティングシステム」を採用。
相手との距離やエイミング(照準合わせ)が攻撃や回避の成否に重要な影響を与えます。
自分の攻撃を与えた後、相手の攻撃モーションを先読みして回り込んだり後退することによって、ヒットアンドアウェイが可能になるため、自分よりも遙かに高レベルのモンスターをノーダメージで倒すことも不可能ではありません。

 

スペルボーンでは、通常の攻撃をはじめ、魔法や補助技能もすべてがスキルとして扱われています。
スキルを使うためには、「スキルデッキ」と呼ばれるリストにスキルを登録する必要があります。
このスキルデッキは、最大で縦6マス×横5マスで構成されており、戦闘中に表示される「コンバットドラム」と連動しています。
戦闘中は、スキルを使う度にコンバットドラムが一段回転するため、同じ横の列に並ぶスキルは連続で使うことができません。
また、すべてのスキルには、一度使用すると一定時間利用ができない「クールタイム」が存在するため、縦に並べるスキルの順番も非常に重要な要素となります。

スペルボーンのスキルは、「スタート」「チェーン」「フィニッシュ」の3種類に分類されます。
すべてのスキルは単体でも使用することが可能ですが、「スタート」スキルから始まり、「フィニッシュ」スキルを使うまでの間に使用された「チェーン」スキルの効果は、単体で使用するよりも遙かに大きな効果を生みます。
これは、単純な攻撃スキルだけでなく、強化系のスキルや弱体化系のスキルなど、全てのスキルに適用されるため、このスキルコンボをいかに戦闘に組み込むかが、戦闘の勝敗や効率に大きく関わってきます。




以上から、従来のMMORPGとは一味違う事がわかってくれたはずだ。

まだ、クローズβテスト応募には間に合うので是非応募しよう!

サイドメニュー

プルダウンリスト

ランダム過去記事表示

RSS

カテゴリ